信頼できる看護情報は美看で調べる

「美看」では、看護の各領域の専門家に協力頂き、 看護師であるあなたの質問にエビデンスやガイドライン、通知などに基づいた回答を行い、過去の質問(Q&A)を検索できる会員サービスです(無料)。
看護師のみなさまの悩みや疑問の解決をお手伝いいたします。

美看についての詳細はこちらから

美看新着情報

コラム
■ 2016 / 9 / 26 コラム
「アメリカでの大学生活とその経験から言いたいこと」
診療報酬/介護報酬サロン
■ 2016 / 9/ 16 診療報酬/介護報酬サロン入院基本料/特定入院料
地域包括ケア病棟の在宅復帰率において、再入院を除外とありますがこの再入院とは 3ヶ月以内の入院をさすといわれましたが、病棟でなく、同病院に3ヶ月以内に入院すればすべて対象外となるのでしょうか。 たとえば、別の疾患でも3ヶ月以内の入院なら再入院という事になるのでしょうか。 病名が違えば再入院といえるのかわからなくなりました。看護師で再入院まで把握するのが難しいのえ単純に3ヶ月以内は入院してはならないのか、考え方が知りたいです。 [MF00087]
■ 2016 / 9 / 2 看護必要度局39. 危険行動
せん妄などの症状がなくなり、危険行動がないため離床センサーを除去したが危険行動がないか観察は継続した。センサー除去後の7日間は「あり」と評価できますか?
その他の領域
■ 2016 / 8 / 1 教えてCNその他の領域
枕の高さについてご助言お願いいたします。 挿管・人工呼吸器による呼吸管理を行っている場合、ベッドの角度を15〜30°とし枕は厚さ約5センチ程度の低いものを使用していました。頸部後屈・側屈過伸展位にならないよう工夫していました。(意識状態が悪く呼吸状態が不安定な場合等も同様。) しかし、摂食嚥下訓練を中心に考える看護師より「頸部拘縮するから」と高めの普通の枕へ交換するよう指示がありました。挿管中は特に注意を受け、「髄膜刺激症状による頸部硬直」がある場合も指示が出されました。 摂食嚥下訓練の際に「頸部屈曲位」が大切ないことは理解しています。しかし、高い枕による「舌根沈下による呼吸障害」の危険性を考えると気道確保を優先すべきと考えます。また、頸部硬直や脊柱後湾など患者の状態に応じ対応すべきではないでしょうか。 高さの高い枕による頸部屈曲位は気道確保に問題はないのでしょうか。[QA00380]

おしえてCN!の新着情報をもっとみる

会員登録はこちらから
新規無料会員登録